当サイトのコンテンツには一部商品プロモーションを含む場合があります

試打&評価

【試打評価】ブリヂストンB1STドライバー|オフセンターに強くて安定【口コミ・評判】

ブリヂストンB1 STドライバーの試打評価レビュー

ゴルフ雑記帳のまさです。

ブリヂストンゴルフの2023年モデルは3モデル展開されていて、そのうち調整機能が充実しているのが今回のB1STドライバーです。

B1 STドライバーを使ってみたい、あるいは購入を検討しているというゴルファーの方に向けに、この記事ではB1 STドライバーの計測に使用したクラブスペックからはじめ、最先端の弾道計測器GCquadを用いた試打データをもとに飛距離やスピン性能などのパフォーマンスについてレビューします。

今作は「ミスに強くてオフセンターでもロスがでない」そして「吸い付くような柔らかな打感」というのが特徴です。

B1STドライバーのクラブスペックから、おすすめするゴルファーのタイプまで、本記事で詳しく解説していきます。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

ブリヂストンB1STドライバーの試打に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:B1STドライバー
  • シャフト:VENTUSforBS6
  • フレックス:S
  • ロフト:9.5°
スポンサーリンク

【結論】オフセンターに強くて安定

結論から言っておくと、オフセンターに強くて安定感がめっちゃあるタイプでした

芯を外した場合でもロスが少ないし曲がり幅も小さく、安定性能はここ数年のブリヂストンのドライバーの中でも際立っているところ。

良かったところ
気になるところ
  • つかまりが良くナチュラルにドローが打てる
  • 芯を外しても飛距離が変わりにくい
  • ボールが上がりやすい
  • メーカーいうよりも捕まる感じがする(意外とやさしい)

個人的にB1 STドライバーのストロングポイントは安定性にあると考えていて、芯を外したなーと思った打球でも芯を捉えたとき並にしっかりと前に飛んでくれるのが強み。これは新しいフェースのミーリングとサスペンションコアの効果が現れているのを認めるしかなさそう。

それからメーカー公式サイトには左を恐れず叩けると書かれていたけど、実際打ったらまあまあ捕まりがよかったです。

ただ、ニュートラル状態での捕まりがけっこう良かったので、強めのフッカーの方には扱いにくさがあるかもしれないので要注意。

【レビュー】ブリヂストンB1STドライバーの評価

まさ
まさ

各項目を10点満点で評価していきます。

飛距離【7/10】

ブリヂストンB1 STドライバー計測データ2

計測時のヘッドスピードは45m/s〜46m/sです。

キャリーは250ヤード中盤を推移しているからまずまずの飛びではあります。

ブリヂストンB1 STドライバー計測データ1

バックスピンは2000回転前半を推移しており、めちゃくちゃ低スピンにはならないけど適正範囲内で強めの弾道になります。

スピンはそこそこ入りやすいので、飛距離を出すなら低スピン系のシャフトと組み合わせると良さそうです。

ヘッド形状(構えやすさ)【8/10】

ブリヂストンB1 STドライバーのヘッド形状

洋梨型のオーソドックスなカタチで、非常にきれいな形状をしています。

あと、455ccということもあってやや小ぶりなヘッドです。

構えて見るとこんな感じ。フェースアングルはストレートからややフックに見えるギリギリのラインでしょうか。

閉じてはないのですが、フェースのバルジがあまり効いていないので捕まり顔に見えてくるという印象です

弾道高さ(上がりやすさ)【9/10】

最高到達点は42ヤード前後を推移しています。結構上がりやすいドライバーです。

つかまり【8/10】

ブリヂストンB1 STドライバーの弾道イメージ1

メーカー公式サイトには左が怖くない的なことが書かれていましたが、実際に打ってみるとつかまりが良くてナチュラルにドローが出るドライバーであると感じます。

ブリヂストンB1 STドライバーの弾道イメージ2

最近のBSのドライバーはとにかく捕まるという印象が強くて、テーラーあたりをを打ったあとだとよりわかります。

ブリヂストンB1 STドライバーの弾道イメージ3

右へのミスというのは全くでない感じでよく捕まる。一定方向に集まるのでマネジメントがしやすくなります。

ちなみに、つかまり度合いはフェース後方のウェイトで調整が可能です。

ですが、基本が捕まるのでFADEにするぐらいでストレートになるという程度。

打感【9/10】

ブリヂストンB1 STドライバーのフェース

打音がとても引き締まったことで重厚感が増しています。

ソフトな打感でフェースへの食いつき感もよくて気持ちが良いフィーリングを味わえます。

あとこの特徴的なフェースは、バイティングフェースといってボールの滑りを抑えて理想的なスピンで飛ばせる。という効果があるそうです。

寛容性【8/10】

ツアータイプに位置づけられるモデルではあると思いますが、想像以上に安定感がありました

つかまりが良いと言いましたが、曲がり幅も揃います。

打点ブレにも非常に強さを感じますし、芯を外したときでも大きな飛距離ロスなどがでないところがこのドライバーの最大の長所だと思っています。

飛距離はそこそこだけど、安定して飛んでくれるし枠を外しづらいのはアマチュアにとっても嬉しいところ。

操作性【7/10】

操作性はまあ普通よりちょっと良いぐらいです。

総合評価【8/10】

ブリヂストンB1 STドライバー評価チャート

総合評価は10点中8点。

飛距離はぼちぼちですが、その他は評価が高くなりました。

特別大きな弱点もないので、左が極端に怖い人以外は使いやすいドライバーだと思います。

安定して飛ばせるツアー系ドライバーというのが今作の印象ですね。

スポンサーリンク

ブリヂストンB1STドライバーをおすすめする人、おすすめしない人

ブリヂストンB1 STドライバー

道具である以上完璧なドライバーは存在しません。

ということでおすすめする人、おすすめしない人というのが下記。

おすすめするゴルファーはこんな方

  • なるべく安定したドライバーショットを打ちたい方
  • つかまりが良く、ナチュラルにドローで攻めたい方
  • ソフトな打感が好みな方

おすすめしないゴルファーはこんな方

  • 極端なフッカーで左へのミスは避けたい方
  • 大型ヘッドが好きな方(小ぶりが苦手な方)
スポンサーリンク

ブリヂストンB1STドライバーの試打評価まとめ

飛距離はぼちぼちって感じでしたが、スピンを減らせばまだまだ飛ばせそう。ということで低スピン系シャフトと組み合わせるのが相性が良さそうです。

そしてなんと言ってもミスがミスになりづらいドライバーで、安定性はかなり優秀だったのが良かったところ。

一撃の威力よりもドライバーショットの平均点を高めたい方にとっては良い選択肢になると思います。

ブリヂストンB1STドライバーの商品詳細とスペック

ヘッド素材ボディ:Ti811チタン合金
フェース:6AL-4Vチタン合金
クラウン:CHRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)
可変ウェイト:ステンレススクリュー(6g)、アルミスクリュー(2g)、アルミ・ステンレスウェイトパーツ(6g)
ヘッド製法ボディ:ロストワックス精密鋳造
フェース:プレス加工、CNCミーリング、レーザー加工
クラウン:熱圧成形(CFRP部)
ロフト角(°)9.5、10.5
ライ角(°)57
ヘッド体積(cc)455
合わせて読みたい

関連飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング|選び方のポイントも解説【口コミ&評判】

関連中級者向けドライバーおすすめ人気ランキング|口コミ&評判

関連【試打評価】ブリヂストンB2HTドライバー|捕まり最強で右へのミスは激減する【口コミ・評判】

関連【試打評価】クランク フォーミュラFIRE PROドライバー|デシャンボーが使うのも納得の超高性能【口コミ・評判】

関連【試打評価】ブリヂストン 222CBプラスアイアン|安定性ばつぐんな軟鉄鍛造キャビティ【口コミ・評判】

関連【試打評価】ブリヂストン 221CBアイアン|抜群の操作性を誇る軟鉄鍛造キャビティ【口コミ・評判】

関連ブリヂストンTOUR B 200MBアイアン試打評価レビュー|球筋が揃うクラシカルなマッスルバックアイアン

関連【試打評価】ブリヂストン 233HFアイアン|これヤバすぎるぐらい最高だわ【口コミ・評判】

関連【試打評価】オノフKUROドライバー(2024)|絶対に売れる!飛んで曲がらないやつ【口コミ・評判】

関連【試打評価】ヤマハRMX VD/Mドライバー|名作爆誕!【口コミ・評判】

関連【ブリヂストンB3 MAX Dドライバー試打レビュー】簡単ではある【あまり飛ばない】

関連【ブリヂストン 245MAXアイアン試打レビュー】マジでマックスやさしい【飛んで止まる】

 

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事