記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ゴルフ距離計

【レビュー】 NINJOR GOLF 「NJ±PRO」「NJ MINI PRO OLED/LCD」| 価格破壊起こすレベルの異次元コスパと完成度

【レビュー】 NINJOR GOLF 「NJ±PRO」「NJ MINI PRO OLED/LCD」| 価格破壊起こすレベルの異次元コスパと完成度

今回紹介するのはニンジャーゴルフの2024年モデル(同メーカーの3代目)となる新型レーザー距離計3つ。

ニンジャーゴルフは以前に2代目のモデルも当サイトでレビュー記事や、YouTubeで紹介していますが、初代から凄まじい進化を果たした傑作の距離計でした。大袈裟じゃなく本当に2代目は半端なく良かったので、もちろん当サイトでもおすすめさせてもらってました。

さて、3代目にあたる2024年モデルですが、2代目と同様に3モデル展開で、それぞれのモデル名にPROが付いた改良版となっています。

というわけで、この記事では、使用感や精度検証なども行っていますので、レーザー距離計選びの参考にしてもらえれば幸いです

先に言っておきますと、今作はコンパクトタイプかつ低価格の距離計の中では凄まじいほどの使いやすさと性能でしたので、正直言って価格破壊してしまっているぐらいコスパが良いのでおすすめ

Youtubeにも動画をアップしています

Nj±PRO、NJ MINI PRO OLED/LCDの外観チェックと前作との違いなど

新しいニンジャーゴルフの距離計は今回も3つなので、それぞれ紹介していきます。

冒頭にも触れたように、前作を知っている方はわかると思いますが、ラインナップやデザインは基本的に同じですね。それぞれモデル名にPROが入っているということで、計測面での機能性アップがメインです。

NJ± PRO

まずこちらがNJ±PRO 販売価格は26980円。

サイズ感はこんな感じです。3モデルある中では一番サイズは大きいですが、一般的な距離計と比較するとコンパクトサイズで携帯性もよくてポケットに入れてもそれほど嵩張りません。手の大きな方の場合は他の2モデルよりも扱いやすいかも。

NJ MINI PRO OLED

そしてNJ MINI PRO OLED こちらの価格は26980円

MINIというだけあって非常にコンパクト。レーザー距離計全体の中で見ても最小クラスです。

NJ MINI PRO LCD

最後にNJ MINI PRO LCD。これが一番安いモデルで19800円となっています。外観やデザインはMINI PRO OLEDと同じです。

LCDのコスパがヤバすぎる

それぞれセール時には定価から3000円近くは安くなります。特にLCDは通常時でも超安いのにそこからさらに安くなっておかしい。だいたい1万円台中盤です。

先に言っておくと、LCDが一番進化していたので、この値段は凄すぎて腰を抜かすほどの価格設定。

重量・スイッチ・充電周り

それぞれの本体重量なども測ってみましたけど、ほぼ同じでした。

接眼レンズの下にあるスイッチで高低差補正機能のオンとオフも同じです。この構造自体はワンタッチで切り替えられるのでぼくは好きですね。

SLOPEモードにしてある場合は、本体横だったりが光るという使用も変わっていません。

そしてここは充電ポートで、すべて充電式です。

カラーが増えて選択肢が増した

まあほとんど一緒やないかい!と、何が変わったんや?という話です。

わかりやすい所で言えば、まずはカラバリの追加。さっきから見てもらっているので分かるとおり、3代目からシルバーが追加されました。

ホワイト系も綺麗で良い感じではありますが、下の部分がラバーっぽい素材なので、使っているうちに黄色くなってきそうな印象があります。

MINIの接眼レンズが変更されて見やすくなった

そして、MINIシリーズの接眼レンズ部分がちょっと変更されていました

ここは明確な変更点で、カラー以外に唯一外観が変わっているとしたらここです。

右が旧タイプで、左のホワイトの方が新型MINIの接岸レンズ部です。見比べてみると、ちょっと短くなっているのがわかるでしょうか

以前のMINIはNJ±よりも視野が狭い印象がありました。

ぼくがNJ±を気に入っていたのにはそこも理由としてあったぐらい、視野に関しては気にはなっていたんですけど。それが今回、MINIでも視野調整がされていてだいぶ見やすくなっています

特にメガネやサングラスをした場合の見やすさが格段にアップしているのはデカすぎます。

レンズ覗くまでの距離の関係だったりで違いが出てるのかなと思います。メガネやサングラスを着用した状態でゴルフする方には嬉しいポイント。

ディスプレイは2種類

そのほかは、ディスプレイやピンサーチなどの内部機能のアップも前作と異なる点です。

ディスプレイはNJ MINI PRO OLEDとNJ±PROの2つがOLEDディスプレイ。新型では自動調光機能が追加されました。

5段階での明るさ調整自体は前モデルから変わっておりませんが、外部の明るさに合わせて自動で調整してくれるというのが新機能です。基本的にオートにしておくのが良いとメーカーかは推奨していますけど、とにかく明るい方が良いならマックスにしておくのも有りではありますね

それともう一つの、NJ MINI PRO LCDだけは黒文字表示のよくあるやつです。これは前作のLCDと特段変わっていません

新機能「ピンサーチ+」でさらに計測がしやすくなる

続いての新機能はMINIの2つに追加されたピンサーチ+です。

ピンサーチというのは、他社で言うところのピンファインダー等の名称の機能なんですけど、簡単に言えば手ブレ対策の機能です。

例えばピンを測りたい場面などで、後ろに木とか邪魔なものが入りこむ時に、最も近い対象物を優先的に計測してくれる機能。これによって誤計測が起こらず正確な距離を簡単に測る事ができちゃいます

そしてピンサーチ+は前作のピンサーチよりも良くなったのが下記

  1. 計測スピードが大幅アップ
  2. ピンの認識率が大幅アップ
  3. 手ブレ補正ほどではないですが、多少の手ブレを許容してくれる
  4. 高低差補正機能を含めた安定性の大幅アップ

要するに前作よりも格段に測り心地がよくなりましたよーってことですね。

ただ、ピンサーチ+はMINIの2つだけで、NJ±PROは前作同様のピンサーチとなっています。

3転換距離測定モードがすべての機種についた

3点間距離測定モードが3つ全てに付きました

前作ではNJ MINI OLEDにだけ搭載されていた機能で、離れたボールからピンまで距離だったり、同伴者の距離が測ることが可能。

あと通常のレーザー距離計では計測が困難なブラインドホールでも活用できたりと使い道はアイデア次第です。今作ではこれが3モデル全てで使えるようになったので機種選択の幅が増えました。

スペック比較表

製品名NJ± PRONJ MINI PRO OLEDNJ MINI PROLCD
価格26,980円26,980円19,800円
ディスプレイ2カラーOLED 2カラーOLED高透過LCD
透過率70%
測定可能範囲5〜800yd5〜1000yd5〜600yd
測定精度±1yd
計測速度(通常)0.2秒
計測速度(ピンサーチ)0.1秒
サイズ97✕65✕3586.9✕58✕32
重量159g121g
バッテリー作動時間7,000回5,000回
防水機能IPX4防水(生活防水程度)
光線倍率6倍
レーザーレベルFDA CLASS 1LASER
ピンサーチ機能
スロープモード
3点間測定
アイレリーフ17.7mm16.8mm

充電回数や防水性能は前作から変更点はないようです。

計測体験と精度について

ここからはニンジャーゴルフの3モデルを実際にラウンドで使ってテストしてきましたので、計測の体験と精度についてどうだった!?という点について触れていきます。

ブッシュネルが霞むほどのスピードとピン認識率

まず計測体験ですが、結論言っておくと凄まじく良いです。

通常測定の計測スピード、これはどれも速いんで言う事なしです。色々な距離計を使ってきたうえで言いますけど、文句のつけようがございません。

ただですね、ピンサーチみたいな機能を使うと大体スピード落ちるので、そこがどうなの?というと、ピンサーチでも速い!速すぎる!

まあ、最近は速いよーってレーザー距離計は他のメーカーからも沢山出ているんで、あれなんですけど

驚きなのはこのサイズ感でこの性能という点です。

見てもらってたらわかるとおり、コンパクトな距離計です。とくにMINIの2つは現時点のレーザー距離計の中でも最小クラス。

小型化すると基本的に性能を維持するのが難しくなってしまうのですが、その中でも特にピンサーチ系の機能は速度低下が顕著だったりします。

ですが、この3モデルは全部ヤバいですね。

しかもなんなら前作では一番ぼくが気に入っていたNj±、これよりもMINI PROの方が速くなっているぐらいなので驚きです。もう通常測定のスピードと変わらないから一瞬で計測が完了してしまいます

今回やっぱりピンサーチ+ってのがスゴいですね。

しかもこのピンサーチ+はスピードだけじゃなくて安定感が凄くて、測り直してもほぼ同じ距離を表示してくれるのも嬉しいところでした!

ピンや目標物の端っこに当たってもちゃんと測れるという認識率の良さが前作からのウリではあったんですが、とにかく前作以上に認識率も良くなっているから、めちゃくちゃ快適に測れます

測り直しをしても毎回ほとんど誤差なく測れるのをぼくはレーザー距離計の安定性だと考えていて、例えばブッシュネルはこの安定性という点が優れているからプロ使用率が桁違いに高いんだと思っているわけですが、個人的にはブッシュネルとニンジャーゴルフで違いがありません。

となると、もうこれでいいんじゃない?という感じにはなってきます。実際これで良いし、これが良い

精度検証(めっちゃ良い)

もちろん今回も精度検証しております。当サイトではお馴染み プロ使用率の最も高いブッシュネル PROX3との比較ですが、順番に見ていってもらいましょう。

左上がブッシュネルPRO X3です。ブッシュネルのみ画面下の数字が補正距離になっているのでご留意ください。

左上から時計まわりでブッシュネル、±PRO、PRO LCD、PRO OLEDです

如何でしょうか。

どの場面で測っても非常に安定した計測ができています。誤差が出ているところや、自分で体感して違和感のある計測等もありませんでした。

特に良いなと思ったのは高低差補正の距離でした。高低差補正のアルゴリズムはメーカーによって違いがあって、高低差の強い時などは大きなズレが出る場合があります。

ぼくはブッシュネルを一応基準としているので、そこと大きくかけ離れたりすると、これは微妙という判断をするわけですが、ニンジャーのPROシリーズは補正距離も非常に安定してました。

ブッシュネルとほぼ同じ補正距離を表示してくれます

左上から時計まわりでブッシュネル、±PRO、PRO LCD、PRO OLEDです

なかでも印象的だったのは、MINI PRO LCDという一番安いモデルです。これは前作では若干他の2モデルよりも安定性が劣るか?と感じる場面がありましたが、今作ではそれが見事に解消されてます。

一番進化しているのはPRO LCDだと精度を検証している段階で感じました。

とにかく精度に関しては全く問題ないどころか、基準にして良いレベルで計測ができます。素晴らしかったです

ちょっと気になったところ

ネガティブポイントの話もしておきます。

実際のところ特に気になる点はないし、前作で気になっていたMINIシリーズの視野の問題も解消されているし、正直言う事ないレベルに仕上がっています。レーザー距離計としては凄く出来が良い。

出来が良いだけに気になるのが、今回のNJ±PROですね。これだけ目玉だったピンサーチ+が搭載されていないのが残念と言えば残念です

そもそもNJ±は前作の段階でも素晴らしい安定性とピンの認識率だったし、今回も僅かながらとは言え、前作以上に測りやすくはなっています。

欲を言えばピンサーチ+を付けたら最強になったんじゃないか・・・と思わずにはいられないです。

それだけピンサーチ+が画期的で、ミニサイズの距離計としては思えないほど、MINIの2つの機能がアップしていたという事なんですけどね。

というぐらいで、性能的な部分で特に致命的な欠点は他に見当たりませんでした。

あと、強いていうなら価格が3つとも若干上がってしまっている部分なんですが、ここは明確に計測のしやすさというのがアップしていたので、使ってみたら納得できました。

それに全機種に3点間距離測定機能が付いていたりするので、むしろこれぐらいの価格アップで良かったのかってぐらいには思っています。

まとめ:結局どれがおすすめなのか

今回は2024年夏モデルとして新しく発売されるニンジャーゴルフのレーザー距離計3つの紹介でした。

ニンジャーゴルフの2代目である前作時点でスゴい良い出来だったんで、今回はどんなものかと思っていましたが、まさかここまで!というぐらい驚くほど良くなってます。

パッと見はデザインも一緒だから全く変わってなさそうと思いきや、全然違いました。今から買うならこの新型を選ぶ方がより満足いくはずです。

ですが、結局3モデルあるけど、どれがおすすめやねん!と思う方もいらっしゃるでしょうから、それだけ話してから終わります。

まさ
まさ

結論、正直今回はどれを買ってもハズレないです!全部仕上がってます!ただ、特にどれ?となった場合はMINIシリーズの2つです。

特におすすめはMINIの2つ

やはりMINIの2つに付いたピンサーチ+はマジで画期的でした。MINIはほんと小さくてコンパクトなんですけど、このサイズの距離計の中では1、2を争う安定性と精度です。

あとは単純にディスプレイの好みです。見やすさという所で選ぶならMINI PRO OLED、2カラーのOLEDディスプレイと自動調光が付いてるので、視認性を重視したいなら絶対これです。

コスパはNJ MINI PRO LCDが一番ヤバいけど、どれ買っても良いよ

だけど、それよりもとにかく安くていいヤツ!という方はMINI PRO LCDが良いでしょう。ディスプレイは黒文字表示で自動調光もありませんが、特に不自由するような事はないし、平均以上の視認性はあります。

計測体験的には全く違いがないレベルで、使いやすいから、1万円台中盤でこれが買えるのはヤバすぎです

正直価格破壊してるやん!というぐらいには思っていてちょっと心配してるぐらいではありますね。この値段でこの性能だったらめっちゃ売れるんじゃね?と思ってます。

最後、NJ±PRO,これはどうや?というと、今回MINIシリーズの性能が上がりすぎたので、ちょっと存在感が薄れてしまった感はあるものの、やはり安定性は高いし、ディスプレイのクオリティは一番高いと個人的には思っています。

この中ではサイズが少しデカめではありますが、レーザー距離計の中では比較的コンパクトなほうです。

ニンジャーゴルフのMINIシリーズはめちゃくちゃ小さいので、手が大きめの人だったらNJ±PROは扱いやすいサイズ感なのでおすすめです

てことですけれども、実際今回はどれを買ってもハズレ無しの完成度でした。正直全部おすすめ!

合わせて読みたい

関連【レビュー】NINJOR GOLF「NJ±」「NJ MINI OLED/LCD」レーザー距離計|2023年3モデルを徹底比較&評価

関連【評価レビュー】NINJOR GOLF NJ007レーザー距離計|低価格で高速測定もできるが、やや不安定【口コミ・評判】

関連レーザー距離計おすすめランキング(ゴルフ用)|人気モデルを徹底比較

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事