弊誌はアフィリエイト広告を利用しています。

試打&評価

【試打評価】テーラーメイド Qi10ドライバー|皆が打てて飛ばせるテーラーメイドがついにきた【インプレッション】

テーラーメイド Qi10ドライバー試打評価レビュー

ゴルフ雑記帳のまさです。今回はテーラーメイドQi10ドライバーのデータ計測を行ったのでレビューしていきます。

トータル慣性モーメントが10000万超えというキーワードで話題のQi10シリーズ。だけど実際の所はQi10MAXだけだろうと思うのですが・・・どうなんでしょうか。

まあとりあえず全体的に慣性モーメントは向上して打点がブレても安定しますよー!という点を強調したのが2024年モデルです。

さて、今回取り上げているQi10は3モデル展開しているヘッドの中では真ん中のモデルで、最もオーソドックスなヘッドです。

シリーズの中で恐らく最初に手に取る確率が最も多いドライバーでしょう。その他の2本も随時記事をアップしていきます。

関連【試打評価】テーラーメイド Qi10LSドライバー|左を消してぶっ飛ばす【インプレッション】

関連【試打評価】テーラーメイド Qi10 MAXドライバー|あまりにも簡単に飛ばせて笑う【インプレッション】

関連【限定オールブラック版】テーラーメイド Qi10 特別カラーのデザイナードライバー予約受付を開始

テーラーメイド Qi10ドライバー

では、今回もいつものようにGCクアッドを用いて弾道計測を行い評価していますので、クラブ選びの参考にしてもらえると幸いです。

フェアウェイゴルフでQi10の限定カラーの詳細を見る

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

【試打の結論】みんなが打てて飛ばせるテーラーメイド

テーラーメイド Qi10ドライバーの外部ウェイトの場所

試打を行った結論から言うと、前作ステルス2や初代ステルスと比べると明確に優しく打てるようになっていました。それでいて高い飛距離性能も相変わらずなので、これはステルス2の時よりも多くの人がテーラーメイドの飛びを体感できるはず。なので前作よりは売れるだろうと予測していたりもします。

性能としては捕まりも結構良いですし、スピンも適度に入ってくれるので飛び様も安定しています初速性能もさすがとしか言いようがありません

正直言って、パッと見た感じやテクノロジー的なところでは代わり映えしないのですが、単純に打ちやすくなっているのに一発の飛びだったりは犠牲になっていないからめちゃくちゃ悔しい。

ヘッド形状はここ数年のモデルの中でも、特にSIMからハイバック感の強い特徴的なカタチとなっていましたが、シャロー感が出て構えやすくなっています

なんとなくM5やM6の頃の形状へと近くなってくれて個人的に結構嬉しいポイントだなーと感じました。

打感はステルスやステルス2から目立った変化はなくて一緒です。ぼくとしては何の違和感もないですし、むしろ良いとまで思っているぐらいです。

という感じで総合的にとにかく打ちやすかった。ヘッド形状も癖がなくてキレイにまとめたなーという印象です。

カーボンフェースの発表以来、斬新なテクノロジーが実装されていないのでユーザー目線で考えるとがっかり感は普通にありますが、ドライバーとしての完成度は全メーカー中でも指折りです。

テーラーメイドの飛距離は魅力だけど想像よりも難しかったーと感じて、ステルスやステルス2で挫折してしまった方にはもう一度試してもらいですね。

良かったところ
ちょっと気になるところ
  • 優しくなったのに飛距離は相変わらず出る
  • 中スピンで伸びのある弾道が気持ちいい
  • シャローが出て構えやすさはここ数年で一番
  • 代わり映えしないデザインとテクノロジー

フェアウェイゴルフでQi10の限定カラーの詳細を見る

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

テーラーメイド Qi10ドライバーの概要

テーラーメイド Qi10ドライバー

クオリティオブイナーシャというのがQiの由来だそうで、イナーシャは慣性モーメントのことらしい。

ついに慣性モーメントの事しか触れることが無くなったのかという感じもして少し淋しい感じもしなくないですが、今作では従来のテクノロジーやデザインを踏襲しつつ、より優しく作ろうというのがテーマっぽい。

テーラーメイド Qi10ドライバーの外部ウェイトの場所

Qi10の外部ウェイトはソールのヒール寄りの箇所に一つ。ステルス2や、なんならSIM2なんかとも同じです。

テーラーメイド Qi10ドライバーのカーボンフェース

色が変わっただけのカーボンフェースです。不評だった赤フェースをやめてくれただけで嬉しい。

テーラーメイド Qi10ドライバーのアライメントライン

フェース上部には白いラインが入っています。クラウンとフェースの境目が分かりづらいから入れたみたいな感じでしょうか。

テーラーメイド Qi10ドライバーのヘッド形状

ヘッド形状がこちら。最近のテーラーメイドのヘッドと比較すると後方に伸びた形状です。

カタチも綺麗だしフェースアングルも被って見えないから最高だと唸りました。

先ほどの白ラインはそこまでハッキリとは見えませんが、無かったら恐らく相当構えにくくなりそうなのであってよかった。

あとクラウンのカーボンの比率も上がったらしくて、ほとんど100%に近いぐらいになっています。チタンとカーボンの境目も目立たなくてかなり綺麗に仕上がっています。

テーラーメイド Qi10ドライバーのヘッド形状横から

横からみてみると明確にシャロー形状になっていました。

なぜこれを早くやってくれなかったんだ。と思うけど、たぶんヘッド全体のカーボンの割合が増えたことによる軽量化がないとできなかったんでしょう。

フェアウェイゴルフでQi10の限定カラーの詳細を見る

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

【レビュー】テーラーメイド Qi10ドライバーの評価

まさ
まさ

各項目を10点満点で評価していきます。

GCQuad

計測には世界中のプロも愛用する弾道計測器GCQuadを使用しています。

明らかなミスショットを除いた平均データが下記

ヘッドスピード(m/s)45.7
ボールスピード(m/s)65.2
打ち出し角(°)17.9
打ち出し方向(°)1
バックスピン量(rpm)2362
サイドスピン量(rpm)-335(フック回転)
高さのピーク(yd)43.6
降下角度(°)46
センターからの横ブレ(yd)-12.3(左)
キャリー(yd)251.4
トータルディスタンス(yd)267.9
まさ
まさ

ゼクシオエックス(2023)ドライバーから、ドライバーはヘッドスピー45m/sでの計測データを掲載することにしました。(ピッタリは無理なので44〜46の間で多少前後はします)

筆者は普段、ヘッドスピード47m/sから48m/s程度のスピードが出るのですが、45で測っていきたいと思います。主な理由は下記

  1. 毎回フルスイングして体への負担が大きくなってきた(首痛めた)
  2. 45m/sの方が多くの方の参考になるだろうという考え
  3. ヘッドスピードを揃えることで、レビューに一貫性をもたせるため

という感じです。よろしくお願いします。

飛距離の基準は下記。今までキャリーを特に重視していたけれど、今後はトータル距離に基準を設けます(ヘッドスピード45で計測した場合)

  • 270ヤード以上:物凄く飛ぶ
  • 260ヤード以上:飛ぶ
  • 260ヤード以下:普通かそれ以下

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:テーラーメイド Qi10
  • シャフト:ディアマナ TM50
  • フレックス:S
  • ロフト:9°

飛距離【9/10】

平均キャリーは251.4ヤード、ランを含めたトータルは267.9ヤードとなりました。

キャリーはしっかりと250ヤードを超えてきていますが、降下角度が46°とけっこう急角度でランはそこまで出ませんでした。

270ヤード超えは残念ながら達成しませんでしたが、当サイト設けた基準考えると飛距離性能は中々優秀です。

初速も65m/s以上を出せていますし、さすがテーラーメイドと言ったところでしょうか。

スピンはそこそこ入る方ですね。ドロップの不安などはありません。が、トータル270ヤードにいかなかった要因はスピンがそこそこ入っているからです。

ちなみにですがQi10LSはトータル270ヤード超えを達成しています。やっぱり低スピンだと飛びます。LSのレビュー記事は後ほど。

という感じで飛距離は結構出てくれるんですけど、前作より明確に飛ぶようになったか?というとそこは微妙です。あんまり変わりませんね。

Qi10の真価はそこではなく、あの飛距離性能の高いステルス2をもっと優しく打てる!ようになった点ですのでご自愛ください。

上がりやすさ【8/10】

テーラーメイド Qi10ドライバー弾道の高さ

打ち出し角度は17.9°で最高到達点は43.6ヤードです。ちょっと上がりすぎですね。

思っていたよりも打球は上がりやすくなっていて、ヘッド形状の変化(シャロー感)は想像以上に出ています。

これだけ上がってくれると難しいという印象はあまり抱かないし、むしろ優しい。

上がりやすさは前作よりも向上しているなと思います。

捕まり【8/10】

テーラーメイド Qi10ドライバー弾道イメージまとめ

そこまで極端なドロー系ではありませんがちゃんと捕まってくれるって感じです。

テーラーメイドは捕まりが弱いというイメージが定着してきた昨今ですが、これは扱いやすいですね。

超特大のスライサーでもない限りは大丈夫そうです。

反対にフッカーの場合は、制御できないほど捕まりすぎる事はないですし、シャフトの調整でいくらでも対応できます。

フェアウェイゴルフでQi10の限定カラーの詳細を見る

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

寛容性(ミスへの強さ)【7/10】

テーラーメイド Qi10ドライバー弾道のバラつき

寛容性はまあまあです。以前のモデルよりは圧倒的に優しいですが、全モデル中最高か?と言われればそこまでではないですね。

ゼクシオなんかが最高峰だと思うのでそこ基準で考えると、まあ7点ぐらいでしょうか。

ステルスやステルス2を基準にすると優しくなっています。

操作性【8/10】

テーラーメイド Qi10ドライバーのヘッド形状

操作性は優秀です。寛容性を上げながらも飛距離、そして操作性を維持している点に魅力があるドライバーですね。

ドローもフェードも自在に打ち分けることができるので申し分ありません。

打感【8/10】

テーラーメイド Qi10ドライバーのカーボンフェース

打感はステルスやステルス2と一緒。ほとんど違いがわかりませんし、違いを感じとれると言っている人がいたら嘘やろ!と突っ込まずにはいられません。

違うのは色だけ、ステルス2などを打ってみて嫌な感じがしないなら問題なしです。ちなみにぼくはこのカーボンフェースの打感は好きです。

構えやすさ【9/10】

テーラーメイド Qi10ドライバーのヘッド形状

ヘッド形状はかなり癖のない仕上がりになっています。

何故ここまでQi10が構えやすくなったのか?と思ったらですね。クラウンのつなぎ目がなくなった事と真っ黒になったこと大きな要因ではないかと思います。

確かに後ろ方向にストレッチした形状になったので、形状としては若干変わっているのですが、それ以上につなぎ目とカラーで大きな違いを生み出している。

あとヒール側に以前よりもボリュームを出してくれたのもあるかもしれません。

とても構えやすく癖のない感じで好印象極めまれりです。

総合評価

テーラーメイド Qi10ドライバーの評価チャート

チャートに表すとこんな感じとなりました。非常にバランスが良く、特に気になるような目立った弱点はありません

特に飛距離性能の高さはテーラーメイドらしく優秀ですし、そこを犠牲にする事なく優しく仕上げてきた所には関心しました。

実際のところ、テクノロジー部分で際立つような変更点がないのが残念かと思っていましたが、それは見た目だけで内容としてはしっかりと進化しています

近年のテーラーメイドは、全体的に捕まりにくさや低スピンになりすぎる傾向が強く、一般ゴルファーにとってはお断り感の強いドライバーが多かったので、しっかりとアマチュアにも使い勝手の良いクラブを作ってくれたのは喜ぶべきでしょう。

恐らくですが、ステルス2から見た目の変化があまりない事から、試打をスルーする方もいるかもしれません。

ですが、これは打ってみて初めて良さのわかるドライバーなので是非とも打ってみてもらいたいです。

フェアウェイゴルフでQi10の限定カラーの詳細を見る

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

テーラーメイド Qi10ドライバーの試打評価まとめ

テーラーメイド Qi10ドライバー

正直あまり代わり映えしないので新鮮味はないのですけど、とにかく「優しい」を強調したいという意図は伝わってきました。

繰り返しになりますが、ここ数年のテーラーメイドはプロ目線で開発したドライバー作りなのかな?という印象がありました。

一発の飛距離では間違いなくテーラーメイドが最も飛ぶドライバーを出し続けていると個人的には思っているのですが、その代わり難易度もどんどん上がっている点は懸念していました。

最近は優しさを前面的に押し出しているキャロウェイに押されている印象もあったので、その影響かはわかりませんが、テーラーメイドも2024年モデルはアマチュアにも使い勝手の良い優しいヘッドにする方向へ舵を切ってきたのかなーとか思っています。

というわけですので、Qi10はここ数年のテーラーメイドドライバーの中では優しく仕上がっていたので、ステルスやステルス2で思ったような打球が出なかったりイメージよりも難しいと感じてしまった方に再チャレンジしてもらいたい。

良かったところ
ちょっと気になるところ
  • 優しくなったのに飛距離は相変わらず出る
  • 中スピンで伸びのある弾道が気持ちいい
  • シャローが出て構えやすさはここ数年で一番
  • 代わり映えしないデザインとテクノロジー

フェアウェイゴルフでQi10の限定カラーの詳細を見る

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

合わせて読みたい

関連飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング2024【随時更新】 

関連試打評価】テーラーメイド Qi10LSドライバー|左を消してぶっ飛ばす【インプレッション】

関連【限定オールブラック版】テーラーメイド Qi10 特別カラーのデザイナードライバー予約受付を開始

関連【欧州モデル再入荷】テーラーメイド ステルス2ドライバー「ライダーカップモデル」が発売開始|特徴&取扱ショップ情報まとめ

関連【在庫あり】テーラーメイド ステルス2 オラクル・レッドブルコラボ限定ドライバーが発売開始|おすすめ取扱ショップ情報まとめ

関連【試打評価】パラダイム Ai SMOKE MAXドライバー|ガチの覇権ドライバーです【インプレッション】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事