弊誌はアフィリエイト広告を利用しています。

試打&評価

【試打評価】テーラーメイド Qi10LSドライバー|左を消してぶっ飛ばす【インプレッション】

テーラーメイド Qi10LSドライバー試打評価チャート

ゴルフ雑記帳のまさです。今回はテーラーメイドQi10LSドライバーのデータ計測を行ったのでレビューしていきます。

トータル慣性モーメントが10000万超えというキーワードで話題のQi10シリーズ。その中でもプロ使用率の最高いモデルが、今回取り上げる「Qi10LSドライバー」です。

LSは慣性モーメント10000超えはしていないけれど、前作ステルス2プラスよりは慣性モーメントがアップしているらしいので期待していましたが結果やいかに。

ちなみに同シリーズのQi10ドライバーは既にレビュー済みですので合わせてご覧ください。

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

テーラーメイド Qi10LSドライバー

では、今回もいつものようにGCクアッドを用いて弾道計測を行い評価していますので、クラブ選びの参考にしてもらえると幸いです。

関連【試打評価】テーラーメイド Qi10ドライバー|皆が打てて飛ばせるテーラーメイドがついにきた【インプレッション】

関連【試打評価】テーラーメイド Qi10 MAXドライバー|あまりにも簡単に飛ばせて笑う【インプレッション】

関連【限定オールブラック版】テーラーメイド Qi10 特別カラーのデザイナードライバー予約受付を開始

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

【試打の結論】左を消してぶっ飛ばせる。ターゲット層は明確

テーラーメイド Qi10LSドライバーのスライディングウェイト

試打を行った結論から言うと、前作ステルス2プラスよりも捕まりは抑えられていて、より左を消していけます。引っ掛けのミスを嫌う方や、ドローヒッターでも必要以上に曲がるのを嫌う方に最適です。

さらに低スピン性能の高さと、安定性してボールスピードを出せる点は相変わらず凄くてシリーズ最高の飛距離性能となっています。まあシリーズどころか全メーカー中でも屈指の飛びです。

特に捕まりすぎを抑えたい、吹き上がりを抑えて飛ばしたいという点が当てはまるなら買いの1本です。

ですが、上記が当てはまらないのであれば単純に難易度の高いクラブでしかないかなと思っています。

というのも捕まりは明確に弱いので、スイングで捕まえることができない方では使いこなすのは相当厳しいです。

さらに弾道も低くてロースピンであるから、純正シャフトでもヘッドスピードは45m/sが境界線。それ以下のヘッドスピードである場合はQi10無印かMAXが良いでしょう。

良かったところ
ちょっと気になるところ
  • シリーズ最高の飛距離性能
  • 捕まりが弱くて左へのミスを明確に消せる
  • 吹き上がらない強弾道
  • 捕まりは前作ステルス2プラスよりも抑えられている
  • ヘッドスピードは最低45m/s以上ほしい

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

テーラーメイド Qi10LSドライバーの概要

テーラーメイド Qi10LSドライバー

慣性モーメントを高めることに注力したのが今回のQi10シリーズ。LSでも当然それは変わりません。

あらゆる箇所で軽量化を図り、余剰重量を再配置することでそれを実現しています。

テーラーメイド Qi10LSドライバーのスライディングウェイト

LSはロースピンの略であり、とにかく余分なスピンを減らす構造となっており、ソールにあるウェイトも重心を浅くするためにフェース寄りの配置されています。

このウェイトはスライドして重心距離の調整が可能。ヒール側に動かす事で重心距離を短くし、操作性や捕まりを促進する事ができます。

反対にトウ側に動かすと重心距離が長くなり、捕まりを抑制することができたりします。

ただしこれはあくまで微調整の範囲なので、ヘッドの特性自体が大きく変わるものではありません。

テーラーメイド Qi10LSドライバーのバックウェイト

ヘッド後部にもウェイトが装着されています。ヘッドの真ん中はほぼカーボンで構成されているので、フェースと最後部に重量を配分することが慣性モーメントを高めるという設計です。

テーラーメイド Qi10LSドライバーのカーボンフェース

色が変わっただけのカーボンフェースです。赤から青になっただけでこれほど嬉しいとは思いませんでした。

テーラーメイド Qi10LSドライバーのアライメントライン

フェース上部には白いラインが入っています。クラウンが黒くてフェースが濃紺なので、これが無いとアライメントが取りづらいために入れたのでしょう。

これがあるおかげで構えやすいとかはなくて、これがあってようやく普通に構えられるといった感じです。

テーラーメイド Qi10LSドライバーのヘッド形状

ヘッド形状がこちら。前作よりもヒール側にボリュームが出た感じがして、癖のない仕上がりになったと思います。

いわゆる洋梨形状ってやつです。

テーラーメイド Qi10LSドライバーのヘッド形状2

460ccですが構えて見ると「かなり小さい」です。

テーラーメイド Qi10LSドライバーのヘッド形状横から

横から見た場合のカタチはステルス2プラスと大差ありません。

Qi10が割とシャロー気味だったので結構違いがあります。

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

【レビュー】テーラーメイド Qi10LSドライバーの評価

まさ
まさ

各項目を10点満点で評価していきます。

GCQuad

計測には世界中のプロも愛用する弾道計測器GCQuadを使用しています。

明らかなミスショットを除いた平均データが下記

ヘッドスピード(m/s)45.6
ボールスピード(m/s)65.6
打ち出し角(°)14
打ち出し方向(°)-1.3
バックスピン量(rpm)2062
サイドスピン量(rpm)42(スライス回転)
高さのピーク(yd)32.1
降下角度(°)37.8
センターからの横ブレ(yd)-3.6(左)
キャリー(yd)255.2
トータルディスタンス(yd)276.6
まさ
まさ

ゼクシオエックス(2023)ドライバーから、ドライバーはヘッドスピー45m/sでの計測データを掲載することにしました。(ピッタリは無理なので44〜46の間で多少前後はします)

筆者は普段、ヘッドスピード47m/sから48m/s程度のスピードが出るのですが、45で測っていきたいと思います。主な理由は下記

  1. 毎回フルスイングして体への負担が大きくなってきた(首痛めた)
  2. 45m/sの方が多くの方の参考になるだろうという考え
  3. ヘッドスピードを揃えることで、レビューに一貫性をもたせるため

という感じです。よろしくお願いします。

飛距離の基準は下記。今までキャリーを特に重視していたけれど、今後はトータル距離に基準を設けます(ヘッドスピード45で計測した場合)

  • 270ヤード以上:物凄く飛ぶ
  • 260ヤード以上:飛ぶ
  • 260ヤード以下:普通かそれ以下

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:テーラーメイド Qi10LS
  • シャフト:ディアマナ TM50
  • フレックス:S
  • ロフト:9°

飛距離【10/10】

平均キャリーは255.2ヤード、ランを含めたトータルは276.6ヤードとなりました。

キャリーもしっかりと出ていますが、ランもかなり出やすい弾道のためトータル270ヤード超えを達成!

飛距離性能は最高で満点評価です。

さらに言っておくと、兄弟モデルとなるQi10無印よりもキャリーで4ヤード、トータルだと約10ヤード飛んでいます。

初速はQi10とほとんど同じですが、スピンが平均300回転ほど少なくなっている事が一番の要因ですね。

マジでLSは飛ぶ!

上がりやすさ【5/10】

テーラーメイド Qi10LSドライバーの弾道高さ

打ち出し角度は14°で最高到達点は32.1ヤードです。

ぼくは相当弾道が高い傾向にあることから、当サイトの平均からするとかなり低い弾道です。っっっっっj

スピンも少ないですし、上がりやすいドライバーではありません。

その変わりランディングアングルも小さくなるので、着弾後のランには相当期待が持てます。ランを増やしたいならQi10無印よりもLSの方が遥かに良いです。

捕まり【4/10】

テーラーメイド Qi10LSドライバー弾道イメージ

タイプ的には明らかにフェード系です。

捕まりはかなり抑えた調整をしてきたなーと思いますが、ステルス2プラスドライバーを使っていたマキロイ選手や、久常選手がQi10無印を選んでいるのはここが理由なのかなとも感じました。

捕まったなーというショットでストレートになるぐらいです。

左はこれでもかってくらい消せるので、フッカーで曲がりすぎを抑えたい場合は良い選択肢になりそう。

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

寛容性(ミスへの強さ)【6/10】

テーラーメイド Qi10LSドライバーの安定性とバラつき

優しくはなってませんでした(笑)

普通に難しいですし、打点ブレをクラブが助けてくれる感覚も特にありません。

前より優しいとか特に感じなかったので、寛容性に大きな期待は持たない方がいいでしょう。

操作性【10/10】

テーラーメイド Qi10LSドライバーのスライディングウェイト

操作性はかなり良いです。申し分ありません。

特にスライドウェイトをヒール寄りにした場合は操作性の良さが強調されて尚良しです。

とはいえそもそもスイング的にドローをしっかり打てる事が前提ですが、クラブとしてはこれ以上ない操作性の良さがあります。

打感【8/10】

テーラーメイド Qi10LSドライバーのカーボンフェース

打感はステルスやステルス2と一緒。なにも変わってません。

あのカーボンフェースの打感です。

安心感【5 /10】

テーラーメイド Qi10LSドライバーのヘッド形状2

かなり小さめなので、投影面積がデカいタイプの大型ヘッドに慣れてしまっていると安心感は無です。

が、前作よりも形状の癖がなくなったのでおまけで5点。

ただし小さいヘッドが好きなら結構好きになる人は多いと思います。

総合評価

テーラーメイド Qi10LSドライバー評価チャート

だいぶ尖った性能です。難易度は高くて上級者向けですし、明確にプロ目線で作ったドライバーですね。

飛距離性能は文句なしで圧倒的に飛ばせるドライバーですが、同時に高いスイングレベルが要求されます。

左は明確に消したい、スピンを抑えたいなど、はっきりとした目的がある方には間違いなくおすすめです。

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

テーラーメイド Qi10LSドライバーの試打評価まとめ

テーラーメイド Qi10LSドライバー

Qi10無印とは打って変わって高難度でした。ステルス2プラスよりも優しいかと言えばそんな事はありませんがほとんど変わりないと思います。

ただし飛距離はめちゃくちゃ出るので使いこなせればかなりの武器になりますし、完全に左を消したい、もっとスピンを減らしたい等の明確な目的意識があるならLSを選ぶべきです。

まあ難易度高めなのは確かなのですが、今回のテーラーメイドは3モデルではっきりと特徴を出してきたので、より選びやすくはなっていますね。

良かったところ
ちょっと気になるところ
  • シリーズ最高の飛距離性能
  • 捕まりが弱くて左へのミスを明確に消せる
  • 吹き上がらない強弾道
  • 捕まりは前作ステルス2プラスよりも抑えられている
  • ヘッドスピードは最低45m/s以上ほしい

楽天市場で見るAmazonで見るYahooショッピングで見る

スペックが細かく管理されたツアー支給品ヘッドも一部販売されています。

合わせて読みたい

関連飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング2024【随時更新】

関連【試打評価】テーラーメイド Qi10ドライバー|皆が打てて飛ばせるテーラーメイドがついにきた【インプレッション】

関連【限定オールブラック版】テーラーメイド Qi10 特別カラーのデザイナードライバー予約受付を開始

関連【欧州モデル再入荷】テーラーメイド ステルス2ドライバー「ライダーカップモデル」が発売開始|特徴&取扱ショップ情報まとめ

関連【在庫あり】テーラーメイド ステルス2 オラクル・レッドブルコラボ限定ドライバーが発売開始|おすすめ取扱ショップ情報まとめ

関連【試打評価】パラダイム Ai SMOKE MAXドライバー|ガチの覇権ドライバーです【インプレッション】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事