弊誌はアフィリエイト広告を利用しています。

試打&評価

USTマミヤ LIN-Q BLUE EX試打評価|鬼のフェード系シャフト【口コミ・評判・インプレ】

USTマミヤ LINQ BLUE EX試打評価レビュー

ゴルフ雑記帳のまさです。

今回はUSTマミヤの2023年モデルシャフト「LIN-Q BLUE EX」を購入し、試打計測とラウンドテストを行ったので使用感をレビューしていきます。

今回もいつものように弾道計測機GCクアッドを用いたデータ計測行ってます。

様々な項目にわたって評価を行ってるんですが、飛距離、低スピン性能、左へのミスを消せる点など、一部の評価は10点満点中10点となりました。

アメリカPGAツアー向けのブランドという事もあって、ハードヒッターが好む特性を凝縮した感じですね。性能としては尖っているけれど、特に左へのミスを消したいや、ハードヒッターで方向を安定性させたいというニーズにはピッタリの高性能シャフトです。

とは言っても誰にでも合うかというとそんな事はないので、どのようなゴルファーにおすすめなのか、またどんな人に特に力を発揮するのか等、詳細な評価とともに試打評価をまとめました。

最適なシャフト選びの参考にしていただければ嬉しいです。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場で探す
\5のつく日キャンペーン/
Yahoo!ショッピングで探す

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

LIN-Q BLUE EXの概要

USTマミヤ LINQ BLUE EXのデザイン

「パワーを増幅、ヘッドに伝導、潜在能力を引き出す中元調子」というのが、公式サイトにも書かれているキャッチコピー的なやつです。

LIN-Q(リンク)ブランドは、アメリカPGAツアーが元々のターゲットだったので、同メーカーのアッタスシリーズとはコンセプトがそもそも違います。

PGAでは、VENTUSのように特に方向性を重視した硬めのシャフトにニーズがあり、LIN-Qもそんなシャフトタイプです。

そして今作は中元調子。ハードヒッター向けという事もあって先端剛性が高く、俗に言う暴れないというようなシャフト。

USTマミヤ LINQ BLUE EXのデザイン4

素材としては、全長にトレカT1100Gを積層し、先端にはM40Xが巻かれています。まあ最近のハードヒッター向けではお馴染み感のあるシートですね。

とにかくシャフトの潰れや変形を抑えてながら、硬さを出していくという素材構成。

シャフトは50gの後半から70g後半までのラインナップ。そして低トルクな仕様です。

モデルNo.フレックス重量(g)トルクキックポイント
5R583.4ミッドハイ
5SR583.4ミッドハイ
5S583.4ミッドハイ
5SX593.4ミッドハイ
5X603.4ミッドハイ
6SR672.9ミッドハイ
6S672.9ミッドハイ
6SX702.9ミッドハイ
6X702.9ミッドハイ
7S772.8ミッドハイ
7X792.8ミッドハイ
\ポイント最大9倍!/
楽天市場で探す
\5のつく日キャンペーン/
Yahoo!ショッピングで探す

LIN-Q BLUE EXの振動数と中間剛性

USTマミヤ LINQ BLUE EXの振動数

今回の計測に使用しているのはlIN-Q BLUE EXの6SRです。

振動数は259cpmです。

アメリカンタイプという事だからたぶん硬いだろうと思ってSRを購入したわけだけど、予想どおり高めの数値が出ました。

6Sの平均的な値とほぼ一緒ぐらい。ワンフレックスぐらい落として丁度いいかなと思います。

USTマミヤ LINQ BLUE EXの中間剛性

 次にセンターフレックス計にて中間剛性を計測してみました。数値が大きいほど硬くなっていきます。

中間部は4.42kg。

USTマミヤ LINQ BLUE EXのセンターフレックス

ちょっと先よりの所は4.4kg。

中元という表記になっていましたが、静的計測ではまさにそういったデータがとれました。

手元よりもやや中間部の剛性が低く、先端側にしっかりと硬さを持たせています。

SRでもこの値なので、いつものスペック選択か、さっきも言ったようにワンフレックス落とすのがちょうど良さそう。

硬めを選択するとハードすぎてきついというパターンが想定されます。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場で探す
\5のつく日キャンペーン/
Yahoo!ショッピングで探す

LIN-Q BLUE EXの試打に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:PINGG430LST
  • シャフト:LIN-QBLUEEX6
  • フレックス:SR
  • ロフト:9.0°
  • トルク:2.9

【試打の結論】左を消せる!鬼のフェード系シャフト

USTマミヤ LINQ BLUE EX

結論から言っておくと、捕まりが弱めで左へのミスをかなり減らせるシャフトです。フェード系のシャフトですね。

ほんとに明確に捕まりが抑えられるので、ハードヒッターが捕まり過ぎを抑制する分にはうってつけのモデル。

反対にシャフトで捕まりが欲しい方には向きません。

しなりに癖はありませんが、全体的に剛性感が強く、しなり量としては少なめです。トルクも小さいので、スイングでタメを作れない方も相性はよくありません。

アメリカン色の強いモデルですし、シャフト重量も重たいので、スイングスピードが速く、為を作れるスイングの方。そして捕まりをなるべく抑えて方向性を良くしたいと考えている方におすすめです。

良かったところ
気になるところ
  • 捕まりが抑えられる
  • 低スピンで飛ばせる
  • 先端剛性が高いので、打点がブレても当たり負けしにくい
  • 捕まりが弱いので右へのミスは出やすい
  • 硬めな設定なので、スペック選びは注意
\ポイント最大9倍!/
楽天市場で探す
\5のつく日キャンペーン/
Yahoo!ショッピングで探す

【レビュー】LIN-Q BLUE EXの評価

まさ
まさ

各項目を10点満点で評価していきます。

GCQuad

計測には世界中のプロも愛用する弾道計測器GCQuadを使用しています。

明らかなミスショットを除いた平均データが下記

ヘッドスピード(m/s)46.4
ボールスピード(m/s)67.5
打ち出し角(°)15.8
バックスピン量(rpm)1901
サイドスピン量(rpm)-73(左)
高さのピーク(yd)37.8
降下角度(°)40.4
センターからの横ブレ(yd)22.5(右)
キャリー(yd)271.1
トータルディスタンス(yd)292.2
当サイトのドライバーの飛距離基準
  • キャリー250ヤード以下:普通
  • キャリー250ヤード以上:飛ぶ
  • キャリー260ヤード以上:かなり飛ぶ
GCQuadで計測

飛距離【10/10】

平均で270ヤード超えのキャリーという結果。飛距離性能はかなり高く、エネルギーロスが少なくて低スピンになりやすいというのが主な理由です。

USTマミヤ LINQ BLUE EXの計測データ3

先端剛性が高いし、もう一押しができるというイメージです。ボールスピードの速さも当サイトの計測結果の中でも随一の数値。

スマッシュファクターも1.46と優秀。インパクト効率も申し分ありません。

ドライバーヘッドの性能を阻害することなくボールに伝えられるシャフトです。

低スピン性能【10/10】

スピンは明確に少なくなります。

USTマミヤ LINQ BLUE EXの計測データ2

今回の計測では平均で1900回転。SRでも全くスピンは増えませんでしたね。

捕まり【3/10】

USTマミヤ LINQ BLUE EXの弾道まとめ

捕まりはもう弱いと言ってしまっていいでしょう。

USTマミヤ LINQ BLUE EX弾道イメージ1

左へのミスはかなり減らしやすいシャフトであることは明らかです。

上がりやすさ【5/10】

最高到達点の平均は37.8ヤード。打ち出し角は15.8°

一般的に見れば十分上がっているのだけど、当サイトの平均と比べると中弾道という結果となっています。

ツアーAD VFの上がりやすさ

上がりやすくはないです。

そもそもがPGAツアー向けというのもうなずける結果ですね。シャフトに上がりやすさを期待するのはやめておきましょう。

反対に弾道を抑えたいならかなり有効なシャフトとなっています。

安定性【10/10】

USTマミヤ LINQ BLUE EXのブレ

捕まりは弱いけれど、打球の一貫性は申し分ありません。

安定感という意味では最高クラスに位置すると言っていいでしょう。

しなり戻りのスピード感【6/10】

USTマミヤ LINQ BLUE EXのデザイン2

しなり戻りのスピード感などは特にありません。そもそもそんなにしなり量がないので、キック感もないので、走る感覚などは得にくいと思います。

操作性【10/10】

操作性は高いです。余計なしなり感がないので意図したイメージを反映しやすいでしょう。

ただしスイングスピードがある程度速いというのが前提条件です。

60g台であれば45m/s以上のヘッドスピードがないとしんどい。

総合評価【7.7/10】

USTマミヤ LINQ BLUE EXの評価チャート

総合評価は10点中7.7点。

分厚い当たりで飛ばせるし、安定感も高いので個人的には評価が高いですが、はっきりした特性があったので総合点はやや下がってしまいました。

やはり捕まりがここ最近では珍しいぐらいに抑えられているのが要因でしょう。

まあ明確に左を消せるというシャフトであるから、当然使い手は左へのミスに悩まされているハードヒッターです。

吹き上がりも抑えられるのでパワーがあるほど恩恵を受けられます。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場で探す
\5のつく日キャンペーン/
Yahoo!ショッピングで探す

LIN-Q BLUE EXをおすすめする人、おすすめしない人

ツアーAD VFのデザイン3

LIN-Q BLUE EXをおすすめする人、おすすめしない人というのが下記。

おすすめするゴルファーはこんな方

  • 左へのミスを軽減したい方
  • 安定感を高めたいハードヒッター
  • 吹き上がりを抑えて飛距離を伸ばしたい方

おすすめしないゴルファーはこんな方

  • スライサー
  • スイングスピードがあまり速くない方
  • アッタスシリーズがちょうどいい方
\ポイント最大9倍!/
楽天市場で探す
\5のつく日キャンペーン/
Yahoo!ショッピングで探す

LIN-Q BLUE EXの試打評価まとめ

USTマミヤ LINQ BLUE EXのデザイン

アッタスシリーズとは別物です。

アメリカPGAツアーがターゲットというのは本当にその通りで、はっきりとハードなシャフトに仕上がっています。

捕まりを抑えたいという明確な目的があるなら、飛距離を伸ばしながらも安定性をプラスできるのでおすすめ。

スイングスピードに自身がなかったり、自身でタメを作れないと自覚しているなら、アッタスダースもしくはジ・アッタスV2などがおすすめです。

まさ
まさ

ハードヒッターは要チェックな尖ったシャフトです。ヘッドスピードがあるほど飛んで曲がらない弾道を作りやすいでしょう。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場で探す
\5のつく日キャンペーン/
Yahoo!ショッピングで探す
合わせて読みたい

関連飛ぶカスタムシャフトおすすめ人気ランキング【ドライバー・フェアウェイウッド用】

関連【試打評価】ジ・アッタスV2|まさにど真ん中調子!扱いやすさNo.1【口コミ・評判】

関連【試打評価】アッタスキング(13)|スインガーにおすすめの強弾道ドローシャフト【口コミ】

関連【試打評価】アッタスMB-HYハイブリッドシャフト|適度な走り感と高い安定性【口コミ】

関連【試打評価】ツアーAD CQ|超気持ちいい走り感を味わえるドロー系シャフト【口コミ・評判】

関連【試打評価】スピーダーNXブラック|万能で使いやすすぎる!新世代の先中調子【口コミ・評判】

関連【試打評価】ツアーAD VF|飛び・安定性・振りやすさ!理想的です!【口コミ・評判・インプレ】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事