記事内に商品プロモーションを含む場合があります

試打&評価

【試打評価】タイトリストTSR2ユーティリティ|高弾道かつ低スピンで飛ばせるFW寄りのUT【口コミ・評判】

タイトリストTSR2ユーティリティ試打評価レビュー

今回は、タイトリスト2023年モデルのユーティリティ、「TSR2ユーティリティ」の試打評価です。

まさ
まさ
高い許容性と、高初速が売りですとメーカーが謳っているのですが、実際に打ってみても飛距離性能は優秀でした

高弾道も打ちやすく、イメージとしてはフェアウェイウッドに寄せたユーティリティといった感じ。

それでは弾道計測器GCクワッドの詳しいデータを見ながら、タイトリストTSR2ユーティリティについてレビューしていきます

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

タイトリストTSR2ユーティリティのデザインと概要

ヘッドスペック
ロフト(°)ライ角(°)
1857
2157.5
2458

TSRユーティリティシリーズは3モデル展開で、モデルによってロフトラインナップが異なります。

TSR2は3種類のロフトが用意されていて、全てカスタムでレフティモデルのオーダーも可能です。

今作はヘッド重心を低く保ちながら、深くすることもできたいうことです。後ほど計測データも見てもらいますが、実際にボールは上がりやすくて高弾道は打ちやすいです。

ソールフェース寄りにはウェイトが装着されているのは前作と同じデザイン。

調整機能はタイトリストドライバーと同じです。

横からみるとこんな感じです。そんなにシャローでもないけれどディープでもない。

タイトリストTSR2ユーティリティのヘッド形状

ヘッド形状がこちら。

前作よりもブレード長が長くなっているそうです。確かに少し大きくなったかな?とは思いますが、特別デカイとも思えません。

サイズ感は普通で、見た目の違和感は最小限に優しさをアップしたという調整でしょう。

アドレス時の見え方がこちら。フェースアングルはストレートからややオープンぐらいに見えます。

アスリートゴルファーの方でも構えやすい形状とアングルですね。

打感はそこそこ弾き感のあるタイプ。低音で柔らかいタイプではなく、フェアウェイウッド寄りな打球感でした。

タイトリストTSR2ユーティリティの試打計測データとレビュー

それでは実際に試打を行ったので、GC Quadのデータを見ていきましょう。

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:タイトリスト TSR2 ユーティリティ
  • ロフト角:21°
  • ライ角:57.5°
  • シャフト:TENSEI 1k 75 Hy
  • フレックス:S
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
タイトリストTSR2ユーティリティ試打計測データ
平均データ
ヘッドスピード(m/s)40.9
ボールスピード(m/s)58.1
打ち出し角度(°)20.3
打ち出し方向(°)0.7
バックスピン(rpm)3546
サイドスピン(rpm)-457(左)
ピーク時の高さ(yd)42.1
降下角度(°)497
センターからのブレ(yd)-11(左)
キャリー(yd)201
総距離(yd)211.7

以上が計測データです。

平均キャリーは201ヤードランを含めた総距離が211.7ヤード。(総距離はフェアウェイ上に落ちた場合の想定値)

当サイトの同ロフト帯の飛距離と比べても良く飛んでいるほうです。飛距離性能は高いので、ユーティリティで飛びを重視する方におすすめしやすい。

タイトリストTSR2ユーティリティの弾道

ボールスピードは平均的で、メーカーがいうほどすごく速いということはありませんが、バックスピン量が少ないことで飛距離アップに繋がっています

スピンが少なめだとグリーンで止まらんだろ!と思ったのですが、打ち出し角(20.3°)、最高到達点(42.1ヤード)共に高く、非常に高弾道でした。

これにより、降下角度も49.7°という7番アイアン並の結果を得られました。このボールの上がりやすさがあれば問題なし。

タイトリストTSR2ユーティリティの弾道イメージ

普通に打った場合の捕まりは良いです。フェースアングルはストレートながらヘッドターンがしやすいためスッポ抜けるような右方向へのミスが出づらかったです。

さらにフェードを打ちたい場面ではしっかりと反応してくれました。操作性も非常に優秀。

タイトリストTSR2ユーティリティの弾道まとめ

それぞれの打球を重ねて見たのがこちら。

打球の一貫性はあります。打点ブレに対するミスにもある程度寛容で、見た目よりは優しく打てるユーティリティ。

タイトリストTSR2ユーティリティのレーダーチャート

タイトリストTSR2ユーティリティのレーダーチャート

高弾道かつスピンを抑えた弾道が打ちやすく、ビッグボールで飛距離を稼げるユーティリティです。

スピン量は少なめな傾向でしたが、高さが出やすいのでボールを止めること自体には苦労しなかったので、グリーンも積極的に狙っていくことが可能。

操作性が高く、ヘッドターンもしやすいため、普通に打てばドロー系が打ちやすいですが、狙ってフェードも打てる万能なユーティリティです。

打点ブレには強さがあるけれど、ヘッドは割と敏感に反応するので、とにかく真っ直ぐ打ちたいというよりはボールを操りたい方の方が相性はいいでしょう。

タイトリストTSR2ユーティリティの総合評価

高打ち出しでウッド寄りな性能的な特徴がありました。

フェアウェイウッドのように飛ばせる飛距離性能の高いユーティリティを求めながらも、ボールを操れる操作性も両立させたい方に最適です。

ヘッドの操作性がとても良いので、スイングが不安定だと少し難しさを感じる可能性があるので、中級者のゴルファーにおすすめ。

おすすめ度

合わせて読みたい
関連ユーティリティおすすめ人気ランキング|最新モデルからの飛ぶモデルを厳選【口コミ&評判】

関連【試打評価】タイトリストTSR1ユーティリティ|簡単で最高に上がりやすい【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリストTSR3ドライバー|操作性とフィーリングが神。飛距離も十分【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリストTSR4ドライバー|低スピン強弾道の小ぶりヘッド。ちょいムズ【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリストTSR3フェアウェイメタル|操作性と飛距離を高い次元で両立【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリストTSR2フェアウェイメタル|低スピン系なのでロフト多めがいいかも【口コミ・評判】

関連タイトリストT100・T100Sアイアン(2021)試打評価レビュー!打感よし、顔よし、操作性よし

関連タイトリストT200アイアン(2021)試打評価レビュー|バランス感抜群で優しく打てるツアーモデル

関連【試打評価】タイトリストT300アイアン(2021)|優しくて飛ぶ。これに尽きる【口コミ】

関連【試打評価】タイトリスト T400アイアン(2022)|スライサーにおすすめ。優しくドローが打てる高弾道アイアン【口コミ・評判】

関連【名器試打評価】タイトリスト910H ユーティリティ|これぞまさにアイアンライクなハイブリッド【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリストTSR1フェアウェイウッド|FWでボールが上がらなくて悩んでるならおすすめ【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリストTSR3ユーティリティ|これはピンポイントで狙えるUT【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリストTSR1ドライバー|優しさと上がりやすさは認める【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリストT200(2023)アイアン|これは売れる!高弾道が打ちやすいハイレベルなアイアン【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事