当サイトのコンテンツには一部商品プロモーションを含む場合があります

用品関連

【評価レビュー】JumboMax ZEN LITE|ラバータイプ好きにぴったりな太グリップ【口コミ・評判】

JumboMax ZEN LITEグリップの評価レビュー

ゴルフ雑記帳のまさです。

当サイトでは、以前にデシャンボーが愛用しているグリップとして有名なJumboMaxウルトラライト(めっちゃ太いグリップ)をレビューしていますが、そんなJumboMaxから表面素材にお馴染みのラバー素材を使ったタイプが発売されていました。

おお!これは新しい!と思ったので早速購入して試してみました。

JumboMax ZEN LITEのロゴ

さて、実際にラウンドや練習で使って感じた良い点・気になった点を簡潔にまとめたのが下記です。

良かったところ
気になったところ
  • 握り心地はまるでゴルフプライドのツアーベルベットラバー
  • 柔らかな握り心地
  • フリップが抑えられるので方向性アップ
  • 劣化スピードがラバーと同じぐらいの割には高価でコスパは悪い
  • ウルトラライトと違って重量がスモール以上は重くなるので注意

JumboMax ZEN LITEグリップは慣れ親しんだラバー系太グリップ

パッと見でわかるとおり、ZEN LITEの見た目はラバーグリップの世界的定番ゴルフプライドのツアーベルベットラバーを初めとしたプロラバーグリップにそっくりです。

今までのJumboMaxグリップはスーパーストロークと同じように表面がポリウレタン素材なので、あれがラバーだったらなーと思っていた方には最適。

実際に握った感じはほぼツアーベルベットと同じようにしっとり目で柔らか。フィーリングはかなり良い感じです。

中身はJumboMaウルトラライトと同じスタビリティコアが採用されており、余計なネジレなどが発生しない構造です。

サイズはエクストララージからスタンダードオーバーサイズまで全部で7種類展開

サイズ重量(g)コア直径(インチ)中間直径バット直径
スタンダードオーバーサイズ38.6000.831.04
スタンダードジャンボ43.6000.901.12
エクストラスモール51.6000.981.23
スモール59.6001.021.35
ミディアム60.6001.041.37
ラージ62.6001.081.40
エクストララージ65.60010131.43

デシャンボーも使うウルトラライトは最も太いタイプでも50gですが、ZEN LITEはサイズによって重量が大きく異なり。単純に太くなると重くなるので注意が必要。

ぼくは普通のラバーグリップと重量のあまり変わらないエクストラスモールと、ひとつ小さいスタンダードジャンボを今回購入しています。

左がゴルフプライド MCC。右がJumboMax ZEN LITEのエクストラスモール

エクストラスモールでも通常のグリップよりはだいぶ太めです。

ジャンボマックスウルトラライト試打②

これはウルトラライトだけど現在のジャンボマックスの最大サイズがこれなので参考にしてもらいたい。

JumboMax ZEN LITEは少し長め

これはエクストラスモールよりも一つ小さいスタンダードジャンボ(ネーミングとサイズがややこしいので注意)

あと普通のグリップよりもちょっと長めです。

スポンサーリンク

ラバータイプだけど水濡れにも強い

ラバー系の弱点は水濡れ。樹脂系とは違って水分が吸収されやすく、布で拭き取ってもなかなかグリップ力が戻らないからです。

ですが、ZEN LITEは表面ラバー素材を巻いているだけで完全なラバーグリップではないから、乾いた布で拭き取ってやればグリップ力が復活します。

実際に濡らしてみてから抜き取り、その後ショットをするというテストも行いましたが全く問題がありませんでした。

ラバーを使いたいけど雨の日が不安という方でも安心して使えるグリップです。

JumboMax ZEN LITEはウルトラライトと同様の効果が期待できる

JumboMax ZEN LITEの握った場合

ZEN LITEはデシャンボーが使うウルトラライトと同じテーパー形状の太グリップですが、機能的には同じ効果がありました。

特にローテーションを抑えることができる点と過度なグリッププレッシャーを抑えられるところがメリットです。

ローテーションに関しては、正しいハンドアクションを妨げることはありませんが、アマチュアに多くありがちな右手が手の平側に手が折れてしまうフリップアクション自体がしづらくなるため、とてつもない左へのミスショットは効果的に解消できます

また、太いことで無意識レベルでグリッププレッシャーが軽減されるのでスイング全体のリキミを取り除いてくれます。

ウルトラライトとの違いは表面がプロラバー系な点と、重量の違いです。

ZEN LITEのスモール以上の方がウルトラライトよりも重いのでカウンター気味に調整したい場合にはZEN LITEを選ぶという選択肢もありでしょう。

スポンサーリンク

JumboMax ZEN LITEの耐久力は普通のラバーグリップと同じぐらい

JumboMax ZEN LITEはラバーグリップ同様だから劣化も早め

方向性も良くなって握り心地も良い感じZEN LITEでしたが、耐久性というか劣化の仕方やスピードもラバーと同じです。

わかりにくいかもしれませんが、2本のグリップの上側のほうが使い込んだZEN LITEグリップ。これは使用後に抜いたモノですが、表面は従来のラバーグリップと同じようにツルツルになりました。

やはり樹脂系やポリウレタン系よりかは耐久力で劣ります

まあラバーだから仕方ないやん!と思うかもしれませんが、これ1本3,000円弱しますからね。普通のラバーグリップは1000円前後だからコスパの観点でみるとかなり悪いです。

スポンサーリンク

JumboMax ZEN LITEの評価チャートとまとめ

JumboMax ZEN LITEの評価チャート

水濡れも拭き取れば復活するなど対応力が高いため、コード入りなどの特殊タイプではありませんが、グリップ力の評価は高めとなりました。

握り心地もいわゆるプロラバー系と比べても遜色ないフィーリングに仕上がっているので文句なしです。

そして悪いハンドアクションの代表格フリップを抑制できるため、チーピンが出づらくなる点などは大きなメリットです。方向性向上には大きな効果が期待でき、ジャンボマックスらしさがしっかりと出ているところは素晴らしい。

ただ、耐久力は普通のラバーに近く、それでいて価格は3倍ぐらいするという所がネックとなるでしょう。

あと最大サイズになると重量が65gと、かなり重たいところも気になるところ。

クラブ自体のバランスが大きく変わるため、汎用性を考えると最大でも50g程度で使えるJumboMaxウルトラライトの方が上です。同じような効果を期待して尚且つラバーでないと嫌という場合だったらZEN LITEで良いでしょう。

おすすめ度:

合わせて読みたい

関連最新!理想のゴルフグリップおすすめ人気ランキング|口コミ&評判

関連WINNグリップ DRI-TAC 2.0をレビュー|絶妙な柔らかさで最高の握り心地【口コミ・評判】

関連【レビュー】松山英樹モデル イオミック Xグリップ ハードフィーリング|操作性アップ!やや硬の低トルクグリップ【口コミ・評判】

関連【レビュー】ゴルフプライド MCCプラス4 グリップ|太グリップの到達点かも【口コミ・評判】

関連【レビュー】ゴルフプライド CPXグリップ|見た目はあれだけど確かな性能【口コミ・評判】

関連【レビュー】エリートグリップ X360ラバー評価|エリートっぽさがないラバーグリップ【口コミ・評判】

関連【レビュー】エリートグリップ ツアードミネーターTD 50soft|最高の柔らかさと抜群のコスパ

関連【レビュー】PALMAXツアーウェーブ ラバー&コード|極上の握り心地を誇る国産グリップ

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事